官公庁・MICEソリューション

東和エンジニアリングが提案する
“住民のための”開かれた官公庁・MICE環境の創造

情報の入手や的確なサービスがスムーズに受けられる
そして、安心して集える場所であること
住民自治の中枢機能の快適化や地域活性化をAVとICT技術がサポート
“自治体と地域の人たちをつなぐ”庁舎や公共施設を創造します。

東和の官公庁・MICE環境づくりつの視点

  • 住民サービス

    住民サービス

    例えば

    • 議会中継や進行状況を、傍聴席や庁舎内に分かりやすく提示したい。
    • 外国人向け医療サービスに通訳を導入して、的確な情報提示やコミュニケーションを行いたい。
    • 市民へのインフォメーションや地域のイメージ訴求にタッチディスプレイや動画コンテンツを活用したい。
  • 危機管理・災害対策

    危機管理・災害対策

    例えば

    • 庁舎を中心として関係各所とテレビ会議で連携できる体制をつくりたい。
    • 消防署、交通管制における映像監視を行いたい。
    • 平時は会議室、災害時などには対策室として使える部屋が欲しい。
  • 業務効率化

    業務効率化

    例えば

    • 離れた施設での、故障や不具合に対応するための移動を減らしたい。
    • 職員の出退勤、議員の登退庁の表示や管理を自動化したい。
    • 紙の資料を削減し、手間や経費を削減したい。

ケーススタディ

― 地域の安全・安心を守る先進の音響映像システム<消防指令センター・長距離拡声スピーカー> ―

遠隔サポートサービス
<リモートコンシェル>のご紹介

リモートコンシェルのご案内<議場での活用>

TOWAROWサポートセンターから議場システムを遠隔サポート!

資料請求・お問い合わせ

↑

分野別ソリューション