• 能動的学修を引き出す環境づくり
    -アクティブ・ラーニングソリューション-

学生のやる気を引き出す アクティブ・ラーニング空間を創造

学修スタイルの変化に柔軟に対応
学生のやる気を引き出すアクティブ・ラーニング空間を創造

  • 文部科学省では、学士課程教育の課題の一つを「質の向上」として課題解決型の能動的学修である「アクティブ・ラーニング」の導入を推進しています。
    学生がグループ・ディスカッション、ディベート・グループ・ワークに主体的に取り組める環境を構築し、学生同士が切磋琢磨し、刺激を受け合いながら、グローバル化、少子高齢化などの社会の厳しい変化に対応できる学びを提供することが大学・社会の役割となっています。

    東和エンジニアリングでは、一つの教室からラーニング・コモンズのような大規模な施設まで、ICTを中心とした音響・映像システム、什器デザインなどのトータルコーディネートで“学校の特色を活かした空間づくり”をサポートします。

  • 学修スタイルの変化に柔軟に対応 学生のやる気を引き出すアクティブ・ラーニング空間を創造

ICT、音響・映像システム、什器デザインにおいて、
コンサルティングから提案、設計、施工、納入後のサポートまでトータルサポート

教室や施設全体のシステム、什器をトータルにご提供できるため、無駄のない最適な構成が可能です。
学生が、やってみよう!やってみたい!と意欲的になれる満足度の高い空間づくりをお約束します。

    • ICT

    • ICT

      情報収集や共有、コミュニケーションにおいて欠かせないICT。効率的な学修をサポートできるソリューションをご提案します。

    • 音響・映像システム

    • 音響・映像システム

      学修内容の提示、共有、発表のためにディスプレイやマイクなどのシステムは欠かせません。空間に合わせた最適な機種・スペックをご提案します。

    • 什器デザイン

    • 什器デザイン

      使いやすさなどの機能性の高さと心理的な効果を考慮した色や形。さらに、ICTシステムとの相性・連携までを追求したご提案が可能です。

アクティブ・ラーニングの学修サイクルをICTでサポート

“特定のユーザー”に“特定の場所”で情報を提供し、より良いサービスを提供。
情報提供と共に、顧客の行動やニーズを確認することができます。

アクティブ・ラーニングの学修サイクル

  • 1

  • 基礎学習、課題提示・発見

  • アクティブ・ラーニングに取り組む基礎力を養うための反転授業や発表を行う学びの「きっかけ」となる場を創造。

  • 基礎学習、課題提示・発見
  • 2

  • 個人学修

  • 3

  • グループワーク・ディベート

  • 4

  • 発表・質疑応答

  • 学生によって表現方法はさまざま。あらゆるプレゼンテーションに対応した空間づくりで学生の「独創性」を育成。

  • 発表・質疑応答

貴社の規模や環境に合わせたICT、音響・映像システム、什器デザインのご提案をさせていただきます。
まずは、ご要望をお聞かせください。

“正解”がないアクティブ・ラーニング空間づくり
だからこそ、豊富な実績とノウハウが大切です!

当社が納入させていただいた学校様が文部科学省「特色ある施設2014」で紹介されています!

納入事例
    • 獨協大学 様

    • 獨協大学 様

      ICTシステムがグループ学修を活発なものにする

    • 成蹊大学 様

      アクティブ・ラーニングを本格導入、自発的な交流を活性化させ「外」の世界へ

    • 玉川大学 様

      滞在型図書館「ラーニング・コモンズ」により学生の交流・表現能力をアップ!

関連ソリューション
システムの運用や使い方でお困りではありませんか?

東和エンジニアリングのカスタマーサポート

サポートセンター0120-108624

資料請求・お問い合わせ

↑

分野別ソリューション