安堵町役場 様

町民の安全・安心を目指し町内全域に放送を伝達
世界初の8連LRADスピーカーを導入

世界初の8連LRADスピーカー
世界初の8連LRADスピーカー
    安堵町は、奈良県の北西部である生駒郡に属し、世界遺産で有名な法隆寺のある斑鳩町に隣接した歴史ある町です。(面積4.33平方キロ、人口約8000人)
    今回、災害時の緊急放送や、町内の催し物案内を町内全域にお知らせする「全方位型 8連LRADスピーカー LRAD360X」を役場庁舎屋上に設置しました。
    システムの活用方法や評価について、西本安博安堵町長にお話を伺いました。
半径2km四方の町内を一台のスピーカでカバー放送伝達が優れたパフォーマンスが選定の決め手に
安堵町長  西本安博氏

安堵町長  西本安博氏

導入の背景をお聞かせください


    我が町では、安全・安心なまちづくりのため、災害情報をより早く住民の方々に伝達する手段として、メール登録者へ個々に災害情報をはじめ町のお知らせ・イベント情報を発信する「えーまち安堵安心メール配信サービス」を実施しています。これに加え、全町民にいち早く情報を音声により伝達できる防災行政無線等の新設も検討してまいりましたが、設置費用等が高額なこともあり、安価でよりよいシステムを探していました。

安堵町役場。8連LRADスピーカーを屋上に設置。

安堵町役場
8連LRADスピーカーを屋上に設置

弊社の提案はいかがでしたか?


    ご提案いただいたシステムは、役場の屋上に一台の大音量スピーカー(8連LRAD)を設置し、全町内に放送を流すという斬新なものでありました。面積4.33平方キロ、役場を中心に約2Km四方の平坦なコンパクトな町の特徴を最大限に生かすことができ、実現すれば設備投資と維持費用が大幅に抑えられるものでした。
    実際に町内全域で音が聞こえるか各所に職員を配置し音達試験を重ねた結果、役場から2Km離れた地点でも放送内容を聞き取ることができ、採用に至りました。
    役場の近隣住宅からの苦情もなく「近くはうるさくなく、遠くまで音が届く」ということを実感できました。

安堵町の安全・安心なまちづくり

STEP1
    2012/12

携帯電話業者提供    緊急エリアメール導入

STEP2
    2014/4

「えーまち安堵町安心メール配信サービス」開始
»メール登録者へ個々に情報発信

STEP3
    2015/1

全方位型8連LRADスピーカー導入
»町内全域への放送による情報発信

音達シミュレーション結果(左:平面、右:断面) 安堵町全域をカバー

音達シミュレーション結果(左:平面、右:断面)    安堵町全域をカバー


『えーまち安堵安心メール配信システム』との併用で、情報伝達体制を強化 全国瞬時警報システム『J−ALERT』の自動放送を実現
役場庁舎屋上に設置したLRADスピーカー

役場庁舎屋上に設置したLRADスピーカー


最も大きなメリットは何でしたか?


    役場の屋上1箇所にスピーカーを設置するだけで、防災情報だけでなく町のお知らせ・イベント情報を音声で町内全域にスピーディーに伝達でき、既設の『えーまち安堵安心メール配信システム』の登録ができない、携帯電話やパソコンをお持ちでない方への情報伝達もカバーできること、加えてメロディ放送が可能なことが採用の一番のポイントとなりました。
    また、全国瞬時警報システム『J-ALERT』との自動連携もできました。

導入後のご感想は?


    今まで、選挙や町の催しなどのお知らせを広報車で行っていましたが、それを役場に設置した放送機から一斉に行え、大変便利になり省力化も図れました。
    また、日常点検と時報案内を兼ね、毎日2回、1分程度メロディによる定期放送を行っていますが、町民の方々の評判も上々です。

全方位型スピーカー LRAD360Xの特長
    緊急放送装置LRADスピーカーは日本の防災無線強化の一環として「全方位型」及び「指向性型」の2タイプをラインナップ。
    東和エンジニアリングは、事前にシミュレーションソフトを用いて垂直・水平方向の音達範囲を確認し、ご要望に応じ最適なシステムを構築しています。
■周囲360°にムラなく均一な音を放射    ■耐風速性が高く、鋼管柱への取付けが可能 
■全天候型で過酷な耐環境性能を有す    ■減衰率低減のため遠方までクリアな音声

安堵町システムイメージ

Information

システムの運用や使い方でお困りではありませんか?

東和エンジニアリングのカスタマーサポート

サポートセンター0120-108624

資料請求・お問い合わせ

↑

分野別ソリューション