成蹊大学 様

アクティブラーニングを本格導入
自発的な交流を活性化させ「外」の世界へ

成蹊大学 新6号館(東京都武蔵野市)
成蹊大学 新6号館(東京都武蔵野市)
成蹊大学様の母体である成蹊学園は「個性尊重」の教育理念のもと、2012年に創立100周年を迎えました。2014年には次の100年を見据えた新カリキュラムがスタートし、新6号館が完成。積極的に大学と「外」の世界とのつながりを広げるための教育に取り組んでいます。
東和エンジニアリングは、新6号館のコンセプト「Commons for Communication 〜交流を生み出すための共有施設〜」に基づき、アクティブラーニング教室などのコミュニケーション環境の構築をサポートいたしました。
新6号館の導入目的やご利用の感想、今後の展望等について、財務部管材課の方々にお話を伺いました。
半径2km四方の町内を一台のスピーカでカバー放送伝達が優れたパフォーマンスが選定の決め手に
財務部管材課の皆様 左から 加賀美主査、鬼武主幹、熊崎課長、長橋主査

財務部管材課の皆様
左から 加賀美主査、鬼武主幹、熊崎課長、長橋主査


5F アクティブラーニング教室 iPadと電子黒板機能を活用し、学生の自主性を養う

5F アクティブラーニング教室
iPadと電子黒板機能を活用し、学生の自主性を養う

はじめに、ご利用いただいたご感想は?
加賀美主査● (以下、敬称略):アクティブラーニング教室は片側の壁全面がスクリーン兼白板となっており、教員・学生は手元のiPadの画面を電子黒板機能付きプロジェクターでそのまま表示できるなど、充実した設備が活用されています。
2つのコミュニケーションラボにも各1台の電子黒板を設置し、少人数のゼミや自習用ミーティングルームとして活用しています。

長橋主査● (以下、敬称略):学生が自由に意見を出し合いグループ毎にまとめた考えをiPadで発表するスタイルの授業では、先生方から「学生の態度が変わった」「積極的な発言が増え驚いた」という嬉しいご意見をいただいています。

コミュニケーションラボとラウンジ 授業にも自習にも電子黒板を利用可能

コミュニケーションラボとラウンジ
授業にも自習にも電子黒板を利用可能


教室の外にも豊富なコミュニティスペース 音響映像設備を常設

教室の外にも豊富なコミュニティスペース
音響映像設備を常設


運用サポートまで迅速かつ誠実な対応 自然に人が集まる共有施設とするために
B1F  カフェ&ホール  COMMichi  にて大盛況のサッカーW杯パブリックビューイング。165インチ相当の9面マルチビジョンを活用。

B1F  カフェ&ホール  COMMichi  にて大盛況のサッカーW杯パブリックビューイング。165インチ相当の9面マルチビジョンを活用。

300名規模 大教室。離れた支援センターからAV設備操作でき、授業運営をサポート(リモートコンシェル)

300名規模  大教室。離れた支援センターからAV設備操作でき、授業運営をサポート(リモートコンシェル)

導入の背景について
加賀美● コンセプトに従い「交流」「情報発信」の場となることを念頭におきました。特に本学では本格的なアクティブラーニング教室を設置するのは初めてのことだったため、音響映像設備や使いやすいレイアウトについてなど何度も意見交換を重ね、満足度の高いものを目指しました。

長橋● 全体を通して、共用部に設置するものは誰もが気軽に操作できる環境になっており、学生と音響映像設備の距離が縮まったと感じています。


今後の展望について
加賀美● B1Fにてパブリックビューイングを行った際には、400名以上の学生・教職員が参加しました。急遽第二会場が必要になりましたが、準備や操作が簡単な配信システムにより、迅速な対処ができました。
今後は学内利用だけでなく、卒業生や父母、近隣住民にまで、幅広く利用してもらえる場所にしたいと考えています。

新6号館導入システムの目的・効果
6F  会議室 iPadを用いたペーパーレス会議を実現
5F  アクティブラーニング室 iPadと電子黒板機能を活用し、学生自らの積極性が向上する効果を実証
3,4,5F(3室)  大教室 左右のスクリーンに黒板映像を投影し、横長の教室に自由度を与える
3,4F(2室) 
コミュニケーションラボ
少人数ゼミや自習スペース。自由に電子黒板ディスプレイを利用できる。
1F  ふらっとコモンズ コミュニティの中心地。開かれた空間で音響・映像を利用できる。
B1F  カフェ&ホール
COMMichi
学生の交流の場。9面マルチビジョンは日常からイベントまで活用できる。

弊社の評価について
加賀美● 非常にわかりやすく、レベルの高い提案をしてくださいました。施工の仕上げも丁寧で満足しています。

長橋● アフターサービス・運用サポートについて迅速かつ誠実に対応してくださり、とても助かっています。今後もこちらの要求に高い次元で対応できるシステムのご提案をお願いします。

リモートコンシェル

新6号館のシステム運用を陰から支える!
  成蹊大学では離れた校舎から各教室へリモートアクセスし、システムを快適に維持しています。
>>リモートコンシェル詳細はこちら

リモートコンシェル利用イメージ

Information

システムの運用や使い方でお困りではありませんか?

東和エンジニアリングのカスタマーサポート

サポートセンター0120-108624

資料請求・お問い合わせ

↑

分野別ソリューション