睦沢町役場 様

町政にかかわる重要な「声」をテキスト化
“字幕作成”と“議事録作成支援”で負担を軽減

睦沢町は、房総半島の中央部からやや東南に位置し、地方創生拠点となる重点「道の駅」にも指定された活気にあふれる町です。 役場の本会議場では既に当社「議場システム」「BOSCH会議システム」を活用いただいております。 今回は、本会議場の“字幕作成”と会議室の“議事録作成支援”に音声認識ソリューション「otomoji」を導入いただき、今後ますます活発になる町政をシステム面からサポートしています。

(左)本会議場  (右)睦沢町役場

(左) 本会議場 (右) 睦沢町役場


課題

「一括質問、一括答弁方式」の一般質問の順番や内容を確実に把握し、
答弁に間違いがないか、をリアルタイムに確認したい


字幕を表示したタブレット

字幕を表示したタブレット


字幕を表示したノートパソコン

字幕を表示したノートパソコン


採用のポイント

発言をリアルタイムに字幕化、
テキストによる“見える化”で質問・答弁の整理を確実に

リアルタイム音声認識システム「otomoji」で質問・答弁を字幕化することで、テキストを目で見ながら内容を確認することが可能となります。
睦沢町役場では、議場内の無線LANを経由して執行部の各職員のタブレットやノートパソコンに字幕データを送り、耳から入ってくる音声と手元の字幕データを合わせることにより、効率的な内容確認を実現しています。事前の話者登録が不要なため、答弁者や質問者の変更にも スムーズに対応できます。


導入の効果

シンプルだから見やすく、迅速な確認が可能に

「otomoji」による字幕表示は画面がシンプル、端末も場所をとらないため議会進行や資料と合わせた確認が容易です。発言がテキストで表示されることで答弁の順番や回答に間違いがあった場合の気付き・再確認がより迅速になりました。



BOSCH会議システムが会議進行と音声認識の効率化をサポート

以前より議場でご利用になっているBOSCH会議システム「Dディスカッション」 の音質に高評を得て、委員会室にも同じくBOSCH「CCS900Ultro」をご採用いただきました。会議の発言をサポートするのはもちろん、収音性に優れたマイクの活用により、音声認識率をさらに高め、スムーズな字幕表示を実現します。
「CCS900Ultro」は制御装置とマイクを1本のケーブルで連携させるだけの簡単設置・操作となっており、座席レイアウトの変更などにも対応可能なため、会議室・委員会室に最適なマイクユニットです。


(左)本会議場 BOSCH会議システム「Dディスカッション」(右)308会議室 BOSCH会議システム「CCS900Ultro」

(左) 本会議場 BOSCH会議システム「Dディスカッション」 (右) 308会議室 BOSCH会議システム「CCS900Ultro」

サーバー室に設置されたotomojiサーバー 職員の方の操作は不要。設置場所も手間も最小限に抑えられます。

サーバー室に設置されたotomojiサーバー
職員の方の操作は不要。設置場所も手間も最小限に抑えられます。

お客様の声

会議室では、もう一方の機能である“議事録作成支援”を活用しています。これまでの議事録作成では、職員が多くの仕事を兼務しながら、重要会議の全文書き起こしを行っており、作業ボリュームの多さが負担になっていました。
そこで、会議室にも「otomoji」を導入しました。ネットワークを介して職員は自席の使い慣れたパソコンで議事録作成ができること、“字幕作成”と“議事録作成支援”どちらも1台のサーバーで済むことなどが、メリットだと感じています。
議場、会議室ともに声の見える化より、さらに生産性の高い会議運営を行って参ります。
TOPIC

音声認識ソリューション「otomoji」(オトモジ)

音声認識技術を活用し、話している内容を文字に変換。
議会や会議、講演会の“字幕作成”や“議事録作成”をサポートします。
音声認識ソリューション「otomoji」(オトモジ) ■主な特長
(1)テキスト化された文章の編集・エクスポートが可能
(2)言語モデルの更新で認識率が継続的に向上
(3)話者の事前登録が不要
(4)otomojiサーバーにアクセスできる場所であればノートPCなどでの利用が可能




Information  睦沢町 http://www.town.mutsuzawa.chiba.jp/

資料請求・お問い合わせ

↑

分野別ソリューション