大妻女子大学 様

能動的な学習意欲の向上を支える
学生サービスのさらなる充実

次なる100年を見据えた『千代田キャンパス再開発プロジェクト』の一環である本館E棟(地上12階、地下1階)

次なる100年を見据えた
『千代田キャンパス再開発プロジェクト』の
一環である本館E棟(地上12階、地下1階)

学校法人  大妻学院  様は、2008年に創立100周年を迎え、次の100年に向けて、「真に自立した女性を育む空間」の充実を図るために、「千代田キャンパス再開発プロジェクト」に取り組んでいます。
語り合いの場としてのホールや食堂など交流の場を充実することにより、学生が主体的に学ぶ中で「関係的自立」を図る能力が培われる環境を整備しています。
本プロジェクトの成功に向け、東和エンジニアリングはAVシステム・運用管理などトータルサポートを行い、学生サービスのさらなる充実に努めています。

遠隔授業などの双方向コミュニケーションで授業の「質の向上」と、学生の「学習意欲の向上」に貢献
都市型キャンパスの限られたスペースの中で様々な大きさの教室を構築し、メディアを活用した授業を行うことにより、効果的な学習を可能にしました。教室内での講師-学生の距離は近くなり、授業の「質の向上」と、学生の能動的な「学習意欲の向上」を実現しています。
また、1教室の学生収容人数に限りがあるという課題に対し、テレビ会議システムを活用した遠隔授業や教室間中継を導入し、異なる教室でも授業に参加できる双方向コミュニケーションの学習環境を実現しました。
キャンパスをつないだ全学的な講演会やサークル活動の発表の場として活用方法を広げ、関係的自立の一役になっています。さらに、授業収録システムにより、学生は授業終了後に授業内容の再確認ができ、より理解度の高い振り返り学習をサポートしています。
(右)教卓から離れた学生視点での授業を実現    (左)動きながらの機器操作を可能にしたタブレット利用のコントローラ

(右)教卓から離れた学生視点での授業を実現
(左)動きながらの機器操作を可能にしたタブレット利用のコントローラ


教室設備のリモート操作により学生視点の授業展開が可能に

大教室の場合、講師と学生間の距離があり、一方通行の授業スタイルとなりがちでしたが、タブレットによるAVシステムの操作を可能にしたことで、講師が教卓から離れて、学生のより近くで授業が可能となりました。
学生からのレスポンスを見逃すことなく授業ができ、講師-学生の距離が近づき、さらなる「学習意欲の向上」が期待されます。
本館E棟AV設備の構築について、授業運用・管理を行っている
メディア教育開発センター職員の方に伺いました。


既存校舎との操作環境の統一・連携 「学生・教職員が使いやすい」がキーワード
システム導入のコンセプトは?
今回、重要なコンセプトの一つに『学生サービスの向上』が挙げられます。限られた授業時間の中で、すべての時間を学生にとって有意義な学びの時間にすることが重要です。
そこで、既存システムとの“統一”・“連携”の二点をポイントとして掲げました。具体的には、

(1)長年培ってきたノウハウを活かしたユーザーインターフェイス(コントロールパネル)の統一
(2)ネットワーク管理・操作システムを駆使し、多彩でスムーズな授業運営連携、です。

例えば、既存棟でも本館E棟でも同一の授業が行えるように、コントロールパネルのボタンの色や形の統一を図り、視覚的・形状的に覚えやすく、学生・教職員が使いやすいインターフェースとなっています。
講師は使用する教室が変わっても、使い勝手が同じであるため操作の負担が軽減され、授業に集中できます。
多地点の遠隔授業など、複数の映像を活用した授業展開が可能なE055教室(340人収容可能)

多地点の遠隔授業など、複数の映像を活用した授業展開が可能なE055教室(340人収容可能)


必要な設備をすっきりとまとめた教卓

必要な設備をすっきりとまとめた教卓

別の教室の様子をカメラ映像で確認しながら、遠隔操作で迅速なサポートが可能

別の教室の様子をカメラ映像で確認しながら、
遠隔操作で迅速なサポートが可能


多くの教室を円滑に運用するための秘訣は?
東和エンジニアリングの遠隔IPシステム(統合管理・遠隔操作管理)を活用し、メディア教育開発センターから各教室の遠隔操作サポートを行い、万一の場合でも講師を待たせることなく対応し、授業の中断を減らしています。
また、技術的なサポートのために、東和エンジニアリングから2名が常駐スタッフとして対応してくださり、あらゆる角度からの授業運用サポートを行い、学生サービスのさらなる充実に向けて日々取り組んでいます。

Information

大妻女子大学

http://www.gakuin.otsuma.ac.jp/

システムの運用や使い方でお困りではありませんか?

東和エンジニアリングのカスタマーサポート

サポートセンター0120-108624

資料請求・お問い合わせ

↑

分野別ソリューション