学習院女子大学 様

グローバル人材の育成をめざし
海外とのライブ感あふれる遠隔授業を実現

学習院女子大学(東京都新宿区)

学習院女子大学(東京都新宿区)

学習院女子大学様は、日本文化学科、国際コミュニケーション学科、英語コミュニケーション学科の3学科で構成される国際文化交流学部において、グローバル社会で活躍できる人材を育てている大学です。
東和エンジニアリングは最先端のテレビ会議システムとAVシステムを組み合わせ、「ライブ感あふれるバーチャルな授業ができる環境を実現したい」という、お客様からの要望を満たした高性能で使い勝手の良い遠隔授業環境を構築しました。

他校にはない全く新しい遠隔授業を実現
新たな授業形態の展開も可能に
学習院女子大学様では、急速に進む国際化に対応できる学生を育成するため、留学以外で魅力的な授業や効果的な学習方法を検討。カナダ国内における遠隔授業の実績がある協定校ノーザン・ブリテッシュコロンビア大学と遠隔授業を行うことにしました。東和エンジニアリングでは、「シームレスな双方向授業」「音声の遅延なし」「 HD(ハイ・ディフィニション)画質」そして「発言者に対し自動的にカメラが追尾」というコンセプトのもと、全く新しい遠隔授業ソリューションを手掛け、お客様から高い評価をいただきました。
この遠隔授業環境の構築をきっかけに、留学をしなくても海外の授業が受けられることが学習の動機づけになるほか、遠隔授業のノウハウの蓄積により海外の他大学との遠隔授業展開やシンポジウムの開催など、新たな授業形態の可能性を拡げることにつながりました。
ノーザン・ブリティッシュコロンビア大学との遠隔授業

ノーザン・ブリティッシュコロンビア大学との遠隔授業

発言する学生をカメラが自動追尾 接続先へ発言者をズームアップで表示

遠隔授業の距離を感じさせない一体感ある授業にするために、カメラの操作をTA(ティーチング・アシスタント)や先生が行なうのではなく、自動的に発言者をズームアップするシステムを2種類導入し、授業形態に応じ使い分けられるようにしました。
スクール形式のレイアウトで授業を行う場合は、机に配置された 「BOSCHワイヤレスディスカッション」の発言のボタンに連動して、発言者に対し自動的にカメラが向くシステムを使用します。
スクール形式以外のレイアウトで授業を行う場合は、教室前面に配置されたセンターに連動して、発言者に対して自動的にカメラが向く音声追尾カメラシステムを使用します。
この多彩な授業スタイルに対応するシステムにより、瞬時に発言者の表情をHD画質で表示し、クリアな音声を遠隔授業の接続先に届けることで、円滑なコミュニケーションをはかることができるようになりました。



スクール形式で使用するBOSCHワイヤレスディスカッションスクール形式で使用するBOSCHワイヤレスディスカッション



音声追尾カメラを教室前面に設置

音声追尾カメラを教室前面に設置

タッチパネルを採用した操作卓タッチパネルを採用した操作卓

臨場感あふれる遠隔授業環境を実現
TAや先生が授業に集中できるように、テレビ会議システムやビデオプロジェクター、スクリーンなどの各AVシステムの操作を、直感的に行えるタッチパネルを採用しました。

これらのトータルソリューションにより、日本にいながらも海外の大学の授業を受けているような、距離を感じさせない臨場感あふれる遠隔授業環境を実現しました。


Information

学習院女子大学

http://www.gwc.gakushuin.ac.jp/

システムの運用や使い方でお困りではありませんか?

東和エンジニアリングのカスタマーサポート

サポートセンター0120-108624

資料請求・お問い合わせ

↑

分野別ソリューション