立教大学 様

「使いやすい」と先生方からの評判が高い
次世代を見据えた快適な教育環境

埼玉県新座市にある立教大学新座キャンパス

埼玉県新座市にある立教大学新座キャンパス

立教大学新座キャンパスは、観光学部、コミュニティ福祉学部、現代心理学部の3学部7学科がある緑あふれるキャンパスです。
東和エンジニアリングは、各教室のAVシステムの使い方を統一し、使いやすい操作性と常駐スタッフによる運用サポートで快適な教育環境を実現し、システムとサポートの両面において高い評価をいただいています。

使い方を統一した簡単な操作と常駐スタッフによるきめ細かいサポート
同大学では定期的に教室のAVシステムのリニューアルを行い、常に新しい授業環境に対応できるように取り組まれています。
今までは、スクリーンや照明をはじめ、教室内で映像を提示する際に必要な操作スイッチが分散していたり、教室ごとに操作方法が異なっていたりしていたため、利用する先生方も戸惑いがちでした。
東和エンジニアリングは、このような課題を「必要な操作を操作卓で集中してできること」「操作環境を統一し、どの教室でも同じ使い方ができること」「初めて使う先生でも簡単に使えること」そして、「将来を見据えた拡張性」をコンセプトに新しいシステムの構築を手掛け、お使いいただく先生からも「すばらしい使いやすさ」との高い評価をいただきました。
また、東和エンジニアリングのスタッフが常駐し、すべての教室のAVシステムの運用サポートや、先生方からの問い合わせ、授業でシステムを活用する方法の相談、機材の貸し出し業務等の対応を行っています。授業中に操作に関する問い合わせがあった場合は、AVLIONE-NET(アブリオン・ネット)による遠隔操作でスピーディーに対応することができるため、授業をとめることのないスムーズな運用を実現しています。

500人収容のN121教室
左右に200インチのスクリーンが設置され、黒板に書かれた文字を大きく映し出すことで、どの席からでも黒板の文字が見えるように改善。
500人収容のN121教室
左右に200インチのスクリーンが設置され、黒板に書かれた文字を大きく映し出すことで、どの席からでも黒板の文字が見えるように改善。
150人収容のN321教室
150インチのスクリーンが2台設置されており、ワイド画面のパソコンとフルハイビジョンの動画といった異なる映像教材の提示が可能。
150人収容のN321教室
150インチのスクリーンが2台設置されており、ワイド画面のパソコンとフルハイビジョンの動画といった異なる映像教材の提示が可能。
新しくなった各教室のAVシステムと常駐サポートの評判について、同大学メディアセンター課長 毛利立夫氏にお話を伺いました。

使いやすいシステムに先生方からも高い評価 頼れる常駐スタッフで運用サポートも安心

今回のリニューアルのポイントをお聞かせください

以前のシステムでは、部屋によって使い方がまちまちでしたので、その点を改善するために、はじめての先生でも使える、わかりやすいユーザーインターフェースを備えたコントロールパネルの採用と、すべての教室で同じ使い勝手にすることをポイントに新しいシステムを導入しました。


評価をお聞かせください

先生方にアンケートをとりましたが、とても評判が良いですね。その使いやすさがすばらしいということで、わざわざメールをくださった先生もいらっしゃいます。
 音に関しても教室の隅々まで聞こえなかった点が大きく改善され、とても聞きやすい良い音になりました。
 また、新座キャンパスのシンボルともいえるN121教室においては、その部屋の広さから黒板の文字が見えにくいという課題がありましたが、今回、黒板を撮影するカメラと200インチのハイビジョンサイズのスクリーンを増設することで、どの座席からでも黒板の文字が良く見えるようになりました。
 常駐スタッフの方は日常のサポート以外にも、運用で得た改善点を次のリニューアルにつなげる提案をしてくれるので、学内のAVシステムのPDCAサイクルをまわすことができるようになり、より快適な教育環境を実現することができました。

2面あるスクリーンの1面だけを使うことで板書と映像提示の併用が可能(N323教室)

2面あるスクリーンの1面だけを使うことで板書と映像提示の併用が可能(N323教室)


メディアセンター課長 毛利立夫氏

メディアセンター課長 毛利立夫氏


どの教室でも同じ使い勝手になるように統一された操作卓

どの教室でも同じ使い勝手になるように統一された操作卓


授業中に操作に関する問い合わせがあっても、常駐スタッフが遠隔操作でスピーディーに対応(AVLIONE-NET)

授業中に操作に関する問い合わせがあっても、常駐スタッフが遠隔操作でスピーディーに対応
(AVLIONE-NET)

Information

システムの運用や使い方でお困りではありませんか?

東和エンジニアリングのカスタマーサポート

サポートセンター0120-108624

資料請求・お問い合わせ

↑

分野別ソリューション