中央市役所 危機管理課 様

災害情報の速やかな把握と伝達を可能にした
市民の安心・安全を支える防災対策室

「実り豊かな生活文化都市」を市の将来像として掲げる中央市様は、山梨県中央南部、さらに日本の真ん中に位置する自然に恵まれたまちです。
これからの行政サービスの協働拠点として新たに建設した庁舎での業務を2019年5月に開始されました。
今回、当社では本館2階にある平常時も活用できる防災対策室の音響・映像システムを採用いただきました。

中央市役所 外観

防災対策室 前方120インチスクリーンでは「マルチウィンドウパス」により、6チャンネルのテレビ放送の他、パソコンを介した資料やインターネット情報、外部カメラ映像など、複数の映像の一斉表示が可能。さらに、必要な映像だけを選択表示や自由な並べ替えなどにより選んだ情報を見やすく提示できる

防災対策室 前方120インチスクリーンでは「マルチウィンドウパス」により、6チャンネルのテレビ放送の他、パソコンを介した資料やインターネット情報、外部カメラ映像など、複数の映像の一斉表示が可能。さらに、必要な映像だけを選択表示や自由な並べ替えなどにより選んだ情報を見やすく提示できる

  • 課題

  • 災害時の迅速・正確な情報共有を
    可能にするシステムが必要

■採用のポイント
必要な情報を一斉に表示・確認ができる
映像システムと録音にも最適な音響システム

庁舎改修前は、一般的な会議室を防災対策室として併用されており、迅速かつ正確な情報共有におけるシステム面での使い勝手を課題としていました。そこで、改修にあたり、以前とは逆に“通常の会議室としても使える防災対策室”づくりをコンセプトとして、会議室としての使いやすさだけでなく、災害時に十分な効果を発揮する高い機能性を備えた提案を行いました。
特に、不安要因の一つであった情報共有においては、テレビやパソコンなどの複数映像を一斉に表示できる「マルチウィンドウパス」を提案、採用いただきました。音響面では、重要な発言を逃さない「BOSCH会議システム」による明瞭な音声の録音などに高い評価をいただいています。

BOSCH会議システム「DCNディスカッション」国際会議でも採用される高い音響品質と安定性が防災対策室に最適

BOSCH会議システム「DCNディスカッション」
国際会議でも採用される高い音響品質と安定性が防災対策室に最適

100人以上が着席できる防災対策室は、ミッションごとにグループを作っての活動の他に、スクール形式の一斉会議にも利用されます。
また、会議の規模に合わせた部屋の2分割利用も可能となっており、状況に応じた柔軟な運用ができるよう別室に運んで使えるシステムや単独でも利用ができる機器の導入などの工夫を施しました。
例えば、65インチスタンドディスプレイは、前方スクリーンのサブディスプレイとしての映像表示の他、データの呼出・書き込み・プリントアウトなどをタッチ操作で行える独立した電子ボードとしての利用が可能です。


今回、映像活用のひとつとしてウェアラブルカメラを導入されました。これまで、一般に向けたテレビ放送を視聴することで災害現場の映像確認を行っていました。
しかし、よりリアルタイムに、的確に、対策実施や市民からの問い合わせに対応できるように職員がウェアラブルカメラを着用して現場に赴くことで確認したい内容を独自の映像で共有できるようにしました。

 

55インチスタンドディスプレイと壁面投影できる可動型プロジェクターと部屋分割利用時も簡単に操作できるタッチパネル

55インチスタンドディスプレイと壁面投影できる可動型プロジェクターと部屋分割利用時も簡単に操作できるタッチパネル

ウェアラブルカメラ

ウェアラブルカメラ

防災対策室 全景

防災対策室 全景

お客様の声

本防災対策室は、平常時には会議室として活用し、災害時には災害対策本部として円滑な運用ができるように整備をしました。マルチウィンドウプロセッサ―やウェアラブルカメラなど最新の機器により、スムーズな情報収集・集約が可能となり、迅速な指揮・情報伝達を実現しました。
今後も機器設備を活用し、更なる防災力強化を図ってまいります。

Information

山梨県中央市

https://www.city.chuo.yamanashi.jp/

施行会社:株式会社伸電工業

資料請求・お問い合わせ

↑

分野別ソリューション